ツボッシー同盟は、会社組織ではできないことを行い、児童労働を撲滅しようとする任意団体です。

BVEとは?

mackoy様が公開されているフリーウェアです。
ツボッシー同盟が発行している小説の世界において存在すると設定されている(裏設定をふくむ)鉄道路線を再現しています。つまりすべて架空鉄道です。
なお、ツボッシー同盟では全てのBVEデータが「Ver.5」専用となっています

警告!!

これらのBVEデータはすべて実在しない鉄道で、紹介されている情報もすべて架空のものです。 実在するいかなる団体・人物・事件とも関係ありません。説明文中に登場する「人間界」とは、作品の読者・利用者が住む世界をさすものではなく、 「人間界という地名のパラレルワールド」をさします。

世界紹介

魔法界
人間界でいう西暦2003年までは2つの世界に分かれていたが、同年に統合された。
この統合がきっかけとなり、人間界の「みどり鉄道」という鉄道会社の技術指導を受け、西暦2004年9月2日に鉄道が開業した。
人間界
他の世界と比べて面積が極端に広く、200近い数の国が存在する(他の世界では、国数は1~2程度)。
西暦2003年までは繁栄を極めていたが、「西」と俗称される町の町長によって内戦が発生し、人間界は灰燼に帰した。企業活動にも影響があり、同年に人間界の鉄道会社は3社(果無鉄道、みどり鉄道、あちらの池高原鉄道)を除きすべて倒産した。
復興途上であるにもかかわらず、西暦2003年の次に年が素数となる年に発生した天変地異によりエネルギー工場が破壊され、汚染物質が放出された。
そのエネルギー工場が存在した都道府県から各鉄道沿線に避難した人々がいるが、妛壥(※)に風評被害を受けている。
※妛壥…上記のエネルギー工場が所在する都道府県の方言で、「他の都道府県の人々」という意味。
精霊界
魔法界の端の駅である魔愚負府駅のプラットホームに神聖界との境界線が通っている。
魔愚負府駅~魔愚勝府駅を結ぶ路線は、他の世界では見られない種別である「快特」(かいとく)が存在するが、魔法界からは「快速と紛らわしい」と苦言が呈されている。
神聖界
魔法界と同様、人間界の「みどり鉄道」による技術指導によって鉄道が建設された。魔法界につづき2例目であることから、みどり鉄道においても実験的意味を持つため、あえて他の鉄道とは異なる軌間である1372mmを採用している。宗教的な理由により地上は汚(けが)れた存在であるとされているためすべての路線は高架。
この世界と人間界を結んでいるみどり鉄道神碑線は、西陸駅・舌根駅を除き神聖界に駅がある。
天上界
鉄道は存在しない。
人間界・魔法界からは、1日2本の特急「ステュクス」号終着駅である転生駅から航路によってのみ到達可能。死後の世界でもある。

人間界の鉄道

???

魔法界の鉄道

魔法鉄道

魔法界の鉄道事業者(魔法界では「会社」の概念がない)では唯一人間界に本社がある。 地理的には人間界の区間であっても鉄道法規に限り治外法権が認められ、魔法鉄道のトンネル内(人間界では地下鉄扱い)では魔法界の法令が適用される。 魔法界政府からは、「人間界と、天上界との境界最寄り駅である転生駅の間を魔法界経由で結ぶ特急を1日2本以上運行する」という条件で認可された。
快速 闘技場→段海ダウンロード

ウィッチ鉄道

半官半民の鉄道事業者。魔法界では「国鉄」と呼ぶべきものはなく、線路・信号を魔法界政府が所有し、 すべての鉄道事業者は政府に使用料を納めて鉄道事業に参入している(いわゆる上下分離方式)。なぜか魔法鉄道と仲が悪い。
??? ???→??? coming soon

熱持温泉鉄道

魔法界の首都である「元老駅」から熱持駅を経由し、熱持温泉駅を結ぶ区間を主に運行している。 魔法鉄道や首都元老鉄道と友好的な関係にあり、ダイヤの都合上、段海~熱持で折り返さざるを得ない魔法鉄道の特急が1日2本あるが、 熱持~元老間に乗り継ぎ用の急行列車を用意してくれている。
??? ???→??? coming soon

首都元老鉄道

 元老(魔法界の首都)の市内交通という役目がある。熱持温泉鉄道と同一の車両を使用しているため、同社と友好的。  しかしながら、鉄道ができたときにはすでに元老は発展していたため、複線用の土地が確保できず、5分間隔であるにもかかわらず単線運行を強いられている。
 ??? ???→??? coming soon

輪廻鉄道

採算性などが理由で非電化である区間を運行するため、魔法界の鉄道事業者では唯一電車を所有せず気動車を所有している。
魔法鉄道は電車しか所有しないため、魔法鉄道の特急列車が、非電化区間では輪廻鉄道のディーゼル機関車が牽引している。
??? ???→??? coming soon

神聖電鉄

魔法界第2の都市である闘技場(日本に例えると大阪府)と、神聖界の首都である神碑の間を主に運行している。
魔法界と神聖界の間は気温が異常に低く、ドアが故障する確率を下げるために、わざとドアの数を4ドアではなく3ドアにしてある。
??? ???→??? coming soon

神聖界の鉄道

???

精霊界の鉄道

???

天上界の鉄道

存在しない。